Postdoctoral Researchers

ポスドクの部屋

研究室所属のポスドク

鈴木愛

立命館大学OIC総合研究機構 専門研究員(2022年~)

専門

保全生物学

研究テーマ

アジア3か国のネコ科の保全現場における様々なセクターとの協働による政策立案への影響

略歴
  • 2006年 環境省西表野生生物センターにてアクティブレンジャー
  • 2011年 英国ケント大学大学院 修士号(Conservation Biology)取得
  • 2017年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 博士号(地域研究)取得
  • 2018年 日本学術振興会 特別研究員PD
  • 2022年より立命館大学OIC総合研究機構 専門研究員。東京都立大学環境科学研究科 特任助教、京都大学アジア・アフリカ地域研究研究 特任研究員を兼任。

研究内容

アジアの小型ネコが直面する生息地消失、密猟、捕殺などの脅威をどうすれば削減できるのか?をテーマにしています。生態学的手法から種がどのような環境を必要とするのかを明らかにして、それらの資源を将来残していくためには実際にどうすればいいのかを考えています。ヒューマンディメンションの視点から、保全に関わる行政と地域住民と一緒に具体的な対策を考え、対策の実施までを対象としています。

業績

査読有

  • Afsana Nasreen Eva, Ai Suzuki, and Shinya Numata. 2022. Spatiotemporal Patterns of Human–Carnivore Encounters in a Seasonally Changing Landscape: A Case Study of the Fishing Cat in Hakaluki Haor, Bangladesh. Conservation 2.3, pp.402-413.
  • Meherun Niger Sultana, Ai Suzuki, Shinya Numata, Md. Abdul Aziz, & Anwar Palash. 2022. The killing of Fishing Cat Prionailurus viverrinus (Bennett, 1833)(Mammalia: Carnivora: Felidae) in Hakaluki Haor, Bangladesh. Journal of Threatened Taxa, 14(10), pp.21903-21917.
  • Scotson, L., Johnston, L., Iannarilli, F., Wearn, O., Mohd A.J., Wong, W. M., Gray, T., Dinata, Y., Ai SUZUKI, Willard, C., Frechette, J., Loken, B., Steinmetz, R., Moßbrucker, A., Fieberg, J. 2017 Best practices and software for the management and sharing of camera trap data for small and large scales studies. Remote Sensing in Ecology and Conservation. 3(3), pp.158–172
  • Ai SUZUKI, Tan SETHA, Thong SOKHA, and Akihisa IWATA. 2016. Notes on young Large-spotted Civet Viverra megaspila and their use of water source as foraging sites in North Cambodia. Small Carnivore Conservation. No.54, pp.39–48
  • Ai SUZUKI, Tan SETHA, Thong SOKHA, and Akihisa IWATA. 2015. First confirmation of a marbled cat in Northern Cambodia. Cat News No.62, Spring 2015, pp.14–15.
  • Ai SUZUKI, Tan SETHA, Thong SOKHA, and Shigeo KOBAYASHI. 2013. The first photographs of clouded leopards in the northern Plains of Cambodia. Cat News No.59, Autumn 2013, pp.14–15

Proceedings

  • Ai SUZUKI, Wai Wai Hnin Kyaw, Kyaw Myo Naing. 2020. The presence of Asian Golden Cat in Human- modified Landscape in Ayeyawady Delta, Proceedings of International Joint Symposium 2019.
  • Thandar Hnin, Lei Lei Khaing, Ai SUZUKI. 2020. The Status of Carnivores in Heavily Degraded Forest, Labutta Township, Ayeyarwady Region, Proceedings of International Joint Symposium 2019.
  • Kyaw Myo Naing, Wai Wai Hnin Kyaw, Ai Suzuki, Min Thu Aung, Thein Soe。2020.Diet of Leopart cat (Prionailurus bengalensis) in western part of Ayeyarwady Region, Myanmar、Proceedings of International Joint Symposium 2019.

その他

  • Griffin O, Ai SUZUKI, Willard C, Ommanney K, Mahood S. 2019. WCS Cambodia camera trap occurrence data. Version 1.13. WCS Cambodia. Occurrence dataset https://doi.org/10.15468/tjl4lg accessed via GBIF.org on 2020-01-11.

外部資金申請・獲得状況

令和3年度東京動物園協会野生生物保全基金 一般部門「バングラデシュ北東部におけるスナドリネコと住民との軋轢緩和」
令和2–令和3年度地球環境日本基金 個人助成「バングラデシュ東部におけるスナドリネコ地域個体群の保全」
令和2–4年度科学研究費助成事業 若手研究:「異なる空間スケールでのスナドリネコとの軋轢およびそれに基づく階層的な保全戦略」
平成30–令和2年度The Mohamed bin Zayed Species Conservation Fund: “Distribution of Fishing Cat in the delta in Southern Myanmar”
平成30–令和2年度特別研究員奨励費(日本学術振興会特別研究員-PD 首都大学東京):「バングラデシュ北東部の湿地におけるスナドリネコと人との関係」
平成29年度JSPS-ERC Fellowship, University of Stirling, UK. “Resolving conflicts between food security and biodiversity conservation under uncertainty”
平成29–30年度トヨタ財団研究助成プログラム(B)個人研究助成「バングラデシュ北東部の湿地におけるスナドリネコと人との軋轢緩和に関する研究―軋轢の基礎調査と軋轢緩和における住民参加型調査の可能性―」
平成28–29年度特別研究員奨励費(日本学術振興会特別研究員-DC2/PD 京都大学):「カンボジア、プレアビヒア森林保護区における小型食肉目の保全」
平成25–26年度The Conservation Committee of Point Defiance Zoo & Aquarium 2013/2014:Preliminary survey on the importance of evergreen forest outside of Preah Vihear Protected Forest for Clouded leopard Neofelis nebulosa, Northern Cambodia
平成25年度笹川科学研究助成金:「カンボジア・プレアビヒア森林保護区における食肉目の保全 ―地域住民の生活圏と食肉目の生息域が地理的に重複する地域について―」
平成24–27年度京都大学 グローバル生存学大学院連携プログラム特待生奨励金

研究への思い

フィールドワークはとっても楽しい。

野生動物保全への思い

野生動物保全が不要な世界になりますように。

ポスドクをお考えの方へ

桜井良研究室のホームページを見ていただきありがとうございます。
立命館大学では専門研究員プログラムなど、ポスドクを雇用する制度が複数あります。ポスドクをすることにご関心のある方は一度ご連絡ください。